規 約

  • Mastercard®プリペイドねっと利用規約
(使い切りタイプ)
  • Mastercard®プリペイドねっと利用規約
(ちょコム貯金箱タイプ)
  • Mastercardプリペイドねっと利用規約(ギフトタイプ)
  • 法人向け「Mastercardプリペイドねっとギフトコード」販売規約

MasterCardプリペイドねっと利用規約(ちょコム貯金箱タイプ)

第1条 目的

本規約は、NTTスマートトレード株式会社(以下「当社」といいます。)が、ちょコム会員向けサービスとして提供する「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」(以下「本サービス」といいます)に係る取引に関し、当社と利用者との間の法律関係を定めるものであり、利用者は本規約を承認するものとします。

第2条 定義

「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」とは、ちょコムeマネー貯金箱(以下、「貯金箱」という)の残高の範囲内でマスターカード加盟店の代金決済に利用可能なネット専用のマスターカード番号をいいます。

第3条 発行条件

  • ちょコム会員は、当社に対して、当社所定の方法により、「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」の発行を申込むことができるものとします。「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」は、一貯金箱につき同時に3個まで発行できます。
  • 「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」の発行にあたり、当社は、その発行の都度、当社所定の手数料を貯金箱の残高から引き落とします。貯金箱の残高が、当社所定の手数料に満たない場合は、「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」は発行されません。

第4条 利用条件

  • 利用者は18歳以上であること。18歳未満であることが判明した場合は本サービスの利用を停止させていただきます。
  • 利用者は、貯金箱の残高が利用金額に満たない場合には、「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」を利用することができません。
  • 利用者は、商品等の購入代金及び送料の変更等により、貯金箱の残高を超えて「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」が利用された場合には、利用者は当社から請求される不足額を当該貯金箱にちょコムeマネーをチャージすることにより支払うものとします。
  • 利用者が加盟店との外貨建てで商品等の購入等をし、その支払のために「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」を利用した場合、取引額の5.0%を海外取引事務手数料として当社に支払うものとします。この場合、当該外貨建て商品等の購入等の代金及び海外取引事務手数料について、当社が当該加盟店から当該取引の売上げに係る情報を受領した時点におけるマスターカード所定の基準により円貨に換算した合計額をもって当該利用者の利用金額とします。なお、利用者は、当社が海外取引事務手数料の受領について別途領収書等を発行しないこと、利用者向けの利用履歴画面上では、商品等の購入等の代金と為替手数料の内訳は表示されずその合計額のみ表示されることについて、異議なく承諾するものとします。
  • 利用者は、本規約に基づく当社に負担する料金等その他の金銭債務の支払いを遅滞した場合には、支払期日の翌日から支払済みに至るまで、年14.5%の割合による金額を遅延損害金として支払うものとします。

第5条 有効期限

「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」の有効期限は、当社が「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」を発行した時点の日の翌月を1ヶ月目として5ヶ月目の月末までです。

第6条 譲渡の禁止

  • 「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」は、これを申し込んだ利用者本人に限り利用することができます。
  • 利用者は、「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」の譲渡、質入れその他の処分を行うこと又は貸与等により第三者に使用させることはできないものとします。

第7条 利用者の義務等

  • 利用者は、本サービスの利用に関し当社が調査を行う必要があるときは相応の協力をするものとします。この場合、当社は利用者がちょコム会員登録時に届出た電話番号、メールアドレス等へ連絡することができるものとします。利用者がちょコム会員登録時に届出た事項について虚偽の告知を行った疑いがある場合、なりすましの疑いがある場合など当社が必要と判断した場合、利用者は本人確認を受けるものとします。
  • 「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」に係るサービスについて不正利用があったとき又は不正利用を行った恐れがあると当社が判断した場合、当社は利用者に対し、当該利用者の端末機等の開示を求めることができるものとします。
  • 利用者は、善良なる管理者の注意をもって、「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」を他人に知られないよう十分に注意を払うほか、「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」の使用及び管理に関して一切の責任を持ち、「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」の利用に関してなされた全ての行為については、第三者による行為であっても、当該マスターカード番号を保有する利用者による行為であるとみなし、当該利用者が一切の責任を負うものとします。
  • 利用者は、「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」の漏洩による不正利用等を防ぐために、少なくとも毎月1回、利用履歴及び貯金箱の残高を確認するものとします。その使用上の誤り又は第三者による不正使用等により損害が生じても、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 利用者は、「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」の利用にあたり、次の行為をしてはならないものとします。
  • 本規約の条項に違反する行為
    「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」を違法な目的で利用する行為
    「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」に係る電磁的記録を不正に作出する行為
    他人の「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」を不正に使用する行為
    当社の電気通信設備に対して不正なアクセスを試みる行為
    第三者になりすまして「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」を利用する行為
    当社の電気設備上の「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」に係るデータ、その他の情報を改ざん、消去する行為
    「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」に係るサービスその他当社の事業の運営に支障をきたすおそれのある行為
    その他、当社が不適当と判断する行為

第8条 利用制限

以下の各号に該当する場合は、当社は、「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」の利用を制限することができるものとし、利用者は、当該制限に対して何ら異議を唱えないものとします。

ちょコム会員登録時に当社所定の届出事項について虚偽があったと当社が判断した場合
ちょコム会員が本人以外の者と判断される場合
「ちょコムeマネー」に係るサービスを不正利用したことが判明した場合
「ちょコムeマネー取引契約」の内容が法令又は公序良俗に反すると認められる場合
本規約又は当社所定の他の規約、規程等に違反した場合
ちょコム会員が反社会的勢力であると認められる場合
ちょコム会員が反社会的勢力に対する資金又は役務等の提供その他反社会的勢力と何らかの関係を有する行為を行ったと認められる場合
「ちょコムeマネー」及び「MasterCardプリペイドねっと(貯金箱タイプ)」の利用に関し、当社が利用目的の確認を行う必要があると判断した場合
その他ちょコム会員として不適当と判断された場合

第9条 システムの利用停止等

  • 当社が「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」のシステムの保守作業等のため、その運営を停止する場合は「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」による取引を利用することはできません。この場合、当社は、予めその旨を当社所定の方法でちょコム会員に通知するものとします。但し、やむを得ない場合にはこの限りではありません。
  • 当社は、「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」のシステム等に関する障害の発生等により「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」の取引に係るサービスをちょコム会員に対して提供し難い事由が生じた場合、ちょコム会員に対し事前の予告をすることなく、「MasterCardプリペイドねっと(ちょコム貯金箱タイプ)」の提供を中止することができるものとします。

第10条 免責

法令又は本規約等に別段の定めがある場合を除き、本サービスに関連して利用者が被った損害に関しては、当該損害が当社の故意又は重過失によるものでない限り、一切の責務を負わないものとします。

第11条 損害賠償

利用者が本規約等に違反した場合又は利用者の責めに帰すべき事由により当社に損害が生じた場合には、利用者は当社に対し、当該損害の賠償義務を負うものとします。

第12条 規約の変更

  • 本規約及び手数料、登録料等の改定については、当社がこれを独自の責任と判断でなしうることを、利用者はこれを承認するものとします。
  • 本規約を改定する場合、当社は、予め、当社が相当と認める方法により利用者に通知又は公表し、新規約は当該通知又は公表内容に指定された時を以ってその効力を生ずるものとします。

第13条 本規約に定めのない事項

利用者は、本規約に定めのない事項については、当社が別に定めるちょコム会員規約ならびにちょコム会員の取扱いに関する規則等に従うものとします。

第14条 準拠法及び裁判管轄

本規約に関する法律関係の準拠法は日本法とし、本規約に関してちょコム会員と当社との間で訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の管轄裁判所とします。

附則
この規約は平成27年2月19日より実施いたします。

以上

平成26年1月30日制定
平成26年5月26日改定
平成27年1月7日改定
平成27年2月19日改定

 

PAGE TOP