PCI DSS対応

PCI DSS対応はお済みですか?

PCI DSSとは

PCI DSS:(Payment Card Industry Data Security Standard)は、利用者のクレジットカード情報を保護するために、主要なクレジットカードブランド5社(American Express、Discover、JCB、MasterCard、VISA)が制定したセキュリティ基準。国際水準でのクレジット取引のセキュリティ環境を整備するため、経産省主導によりカード情報を取り扱う加盟店等に対して、カード情報の非保持かPCI DSSに準拠した技術・運用上のセキュリティ用件を満たすことが求められている。

クレジットカードの不正使用被害が増えています

クレジット取引の不正使用額の推移

(注)不正使用被害額は、国内発行クレジットカードでの不正使用分で、カード会社が把握している分を集計(海外発行カード分は含まれない。)。
出所:一般社団法人日本クレジット協会「クレジットカード不正使用被害の集計結果について」

加盟店では顧客のクレジットカード情報を扱わないことで(非保持)、情報漏えいのリスクを回避できます。

カード加盟店からお客様のカード情報が漏洩すれば、カード保有者はもちろん取引関係者に多大な被害をもたらし、事業への影響も小さくありません。クレジットカード情報に係る決済や業務をPCIDSSに準拠した運用をしている決済専門の会社にアウトソーシングすることで、情報漏えいのリスクを回避できます。
NTTスマートトレードでは、 EC事業者向けはもちろん、多様な業種・業態の事業者に対してPCI DSSに準拠した安心のソリューションを提供しています。

当社の決済代行サービス

当社の決済代行サービス

決済周辺のBPOサービスも提供しています

  • コールセンターにおけるクレジットカード情報の取扱いの代行
  • クレジットカード情報の登録・管理業務
  • 請求書の発行・配送業務、口座振替依頼申込み業務
このページのトップへ

close
menu